オンライン家庭教師のメガスタ
無料電話相談
はこちら
0120-001-691
【受付時間】 火〜土 10:30〜20:30(日、月、祝 休)
通話無料
無料資料請求はこちら

特徴と対策ポイント

Keyワークを
攻略して
学校の成績を
上げます!

keywork -特徴と対策ポイント-

このページは、私立校でよく使用されている、英語教科書『Keyワーク』の対策についてお伝えしています。
お子さんの英語の成績を上げたいという方は、ぜひご参考にしてください。

KEYワークとは?

『KEYワーク 英語』(以下、『KEYワーク』)は、学習塾の教材として作成された問題集ですが、今は様々な私立校で使用されています。

Keyワークは、英語・数学・国語・理科・社会の5科目があります。

『Keyワーク』の特徴

Keyワークは、学習塾の教材として作成された問題集ですが、今は様々な私立校で使用されています

ニュークラウン (三省堂)、 コロンブス (光村図書) 、ニューホライズン (東京書籍)、 トータル (学校図書)、 サンシャイン (開隆堂)、ワンワールド (教育出版) 等と合わせて使用されます。

Keyワークは、英語・数学・国語・理科・社会の5科目があります。

英語のKeyワークの特徴は以下の4つです。

  • ・学習語彙数の増加に対応して、スパイラル形式で語句練習を補強
  • ・文法内容の指導を重視する教科書に対応して文法演習ページも増量
  • ・教科書本文引用の読解問題も増量して教科書準拠性を更に向上
  • ・各セクションで学習すべき項目を明確にし、効率良い学習を実現

『Keyワーク』の構成

問題集で、ポイントのおさらいの後に、確認問題、練習問題、重点問題、まとめワーク、テストとつながっています。

発音問題、語彙問題、文の構成など、様々な内容を学習できる問題構成になっています。

例えば、練習問題では、1問目が過去形に動詞を変化させる問題。2問目は、語彙問題。
3問目、時制の一致。4問目、並び替え問題、5問目、英訳。となっています。

そのあとの練習問題で、同じ単語が聞かれたり、違う形で、同じものが出題されたりしています。
そのため、同じ問題を繰り返し学ぶ、という面で、「スパイラル形式で語句練習を補強」となっています。

また、重点練習問題と、まとめワークでは、文法編と語句編でわかれています。
Keyワークの延長で、Key-tango、Keyステップを使用する学校もあります。

語句練習を補強できるスパイラル形式

練習問題では、何度も同じ単語が聞かれたり、違う形で、同じものが出題されたりしています。

メガスタの家庭教師によるKEYワーク対策

KEYワークに手こずる私立校の生徒さんは相当多いと言えます。

ただ。大学受験を念頭に置くと、英語は最重要科目です。もし仮に、

  • ●覚える単語が多すぎてこなせない
  • ●予習・復習が出来ていない
  • ●授業についていけない
  • ●効果的なテスト対策ができない

など、当てはまることがあれば、ぜひ私たち「メガスタの家庭教師」にお声掛けください。

KEYワークの特徴や、お子さんが通う私立校のカリキュラムを把握した上で、できるだけ短期間で英語の成績を上げる対策を講じることができます。

Keyワーク対策でお困りの方へ

『Keyワーク』の対策と言っても、お子さんの学習状況、学校のカリキュラムによって、細かく変わります。
ここでご紹介したのは、あくまで教科書の内容に則った内容です。より成果を上げたい場合には、学校のカリキュラムや、先生の教え方などによって対策を変えることをお勧めします。

メガスタでは、お子さんの学校に合わせ、『Keyワーク』の効果的な使用法、および対策を講じてお子さんの成績を伸ばします。

『Keyワーク』の対策でお困りの方は、まずは、詳しい資料をご請求下さい。学習相談やお電話でのお問い合わせも受け付けております。

まずは資料をご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、テストで良い点を取れる可能性は非常に高まります。メガスタは日本最高レベルの講師陣と全国の生徒さんを、メガスタだけの指導システムで繋ぎます。

成績アップのために全力を尽くします!
お子さんの成績アップ対策は
家庭教師のメガスタに
お任せください!!

  • 勉強のやり方がわからない
  • 定期テストで点が取れていない
  • 近くにいい塾がない
  • 勉強の習慣がついていない
  • 塾で結果がでていない
  • 志望校に成績が届いていない

そんなお悩みを抱えている方は、まずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒に頑張りましょう!